トラックを運転するときのコツ

 

トラックは日本の物流を支える存在です。そして、そんなトラックの運転をしているのがプロのドライバーです。現在、トラックドライバーへの就職・転職を検討している方もいらっしゃるでしょう。こちらではトラックを運転するときのコツを紹介します。

周囲の状況を確認する

道路

大型トラックは乗用車に比べて車体が長く、車幅が広いです。さらに、運転席も1.5~2倍ほど高くなっているため、初めて運転したときは視界の変化に戸惑った方もいらっしゃるでしょう。

トラックは車体が高くなっている分、前方真下が見えにくい傾向にあります。歩行者との接触事故を避けるためにも、十分注意して運転することが大切です。また、カーブ手前での減速を忘れないようにしましょう。トラックの運転は内輪差が大きいからこそ、巻き込み事故にも気をつけなくてはいけません。

そして、車線変更も同じことがいえます。車体が長い分、後方との車間距離を確認したうえで、車線変更をするようにしましょう。

上手くバックするには

トラックの運転で難しいといえばバッグです。基本的には乗用車と同じで、内側をギリギリに寄せて、ハンドルで微調整を行います。そして、反対側がぶつからないよう位置調整をするのが好ましいです。

また、方向転換するときのバックの場合、後輪をできる限り曲がり角に近づけることがポイントです。特に狭い小路で方向転換をする場合、可能な限り近づけないと、反対側の角と接触する可能性があります。最初のうちは1人で挑戦するのではなく、誘導の人を頼るというのも良い方法です。ある程度慣れればスムーズに運転できるようになります。

スピードの出し過ぎに注意!

スピードメーター

乗用車と比較してシートが高い位置にある分、スピードが遅く感じることがあります。意識せずに走行していたら既定速度を超過していたというケースもあります。トラックなどの大型車を運転する際には、こまめにスピードメーターを確認することが大切です。

車は便利である反面、事故を起こせば大変危険な乗り物です。物流を支えるプロのドライバーとして、こうしたポイントを押さえ安全運転を心掛けましょう。

茨城・栃木でドライバー求人をお探しなら【ドライバー就職ナビ】

東京にある当社では小型・中型トラックドライバーや軽貨物、運転代行など、ドライバー関連の求人紹介を行っています。東京や埼玉、栃木茨城といった首都圏はもちろん、広島などの中国地方から福岡などの九州地方まで、幅広く求人を紹介しております。求人に関してご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

株式会社エンカレッジジャパン /ドライバー転職支援・求人情報 概要

会社名 株式会社エンカレッジジャパン
所在地 〒105-0022 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング3階
電話番号 03-5738-8630
FAX番号 03-5539-4520
サイト名 ドライバー就職ナビ
URL http://driverjob-navi.net/
業務内容 ドライバー就職・転職支援専用サイト「ドライバー就職ナビ」の運営/小型・中型・トラック・軽貨物などのドライバー求人/運転代行の求人/
運転代行とは?トラックドライバーに転職するメリットドライバーになるなら知っておきたい免許の種類
トラックドライバーに向いている人の特徴ドライバー業界で活躍する女性たち増加するドライバー求人とその理由
転職するなら何歳までが良い?トラックにMT車が多い理由空白期間があると転職に不利?
トラックを運転するときのコツ
Copyright(c) 2014-2018 ドライバー就職ナビ. All Rights Reserved.