転職するなら何歳までが良い?

 

履歴書

入社後同じ会社で定年まで勤め続けることが一般的であった昔とは違い、近年では、新入社員が入社後すぐに退職し、転職することが珍しくなくなっています。

最適な転職のタイミングは人それぞれで、そのタイミングを見極めることは容易ではありません。人生を左右するものだからこそ、転職活動は、きちんとした動機や目標を持った上でタイミングを含め、よく考えて行動したいものです。

転職における年齢制限説とは

» 28歳限界説

一般論として、「キャリアを構成するためには30歳までに専門性を身につけるべき」という考えがあることから、転職は28歳までに済ませておく必要がある、とする説です。28歳で転職すれば、2年間のキャリア形成期間を確保し、30歳までに専門性を身につけることができます。20代のうちに自分の方向性を定め、30代で専門性を確立するという考えは、将来にわたり長く安定して働く上でプラスになるといえます。

» 35歳限界説

昔は求人情報の多くが35歳までと記載されていたため、「転職の限界は35歳」という噂が広まったと考えられています。現在では、求人広告で年齢制限をかけることは禁じられており、転職活動の限界は年齢で線引きすることはできません。20代前半の第2新卒と、30代以上の方のどちらを強く求めるのかは企業によって異なります。企業の中には、第2新卒の教育で失敗した経験から、社会人としてより長くキャリアを積んできた30代以上の方を求める企業もあります。

転職における年齢制限説は幾つか存在していますが、転職に厳密な年齢制限は設けられていません。28歳までに転職を経験しても、転職する際の考えが甘いと良い結果が得られないこともありますし、30代後半以降の転職でも自分の考えをしっかりと持ち、これまでの経験が認められれば転職で成功を勝ち取ることも不可能ではありません。年齢制限説はあくまで、参考程度に捉えることをおすすめします。

転職の活動費用と時期

時間を気にする男性

転職を考える上で意外と準備不足となってしまうのが、転職活動にかかる費用です。入社を希望している会社の採用試験には、どうしても行きたいものです。短期間で様々な場所に出向いていると、移動だけで相当な費用がかかります。生活費に加え、面接や試験での企業訪問にかかる交通費や飲食費、人材紹介会社や公共職業紹介所などへ出向くための交通費、履歴書や顔写真、就職情報誌の購入費用など、転職活動中には様々な出費があります。

転職活動が長期になれば、その分転職活動費用はかさみます。また、退職後、すぐに転職活動に取りかかろうと考えていても、希望する職種、職場の求人が出ていなければ、就職するまでに時間のロスが発生します。

求人募集をかける時期は企業ごとでそれぞれ異なりますが、一般的に、退職者が増える傾向がある賞与支給月の7月、12月、プロジェクトの開始や新規事業の立ち上げなどのメリハリをつけることが多い4月、10月は求人募集をかける企業が多くなります。転職は、活動費と時期の両方を踏まえた上で、計画的に活動することが大切です。

東京でドライバー転職をお考えなら【ドライバー就職ナビ】

東京や大阪、九州でドライバーへの転職を希望される方は、当社をご利用ください。ドライバー求人を専門に取り扱っていますので、小型中型免許を活かして働きたい方、運転代行軽貨物ドライバー、トラックドライバーに興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

株式会社エンカレッジジャパン /ドライバー転職支援・求人情報 概要

会社名 株式会社エンカレッジジャパン
所在地 〒105-0022 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング3階
電話番号 03-5738-8630
FAX番号 03-5539-4520
サイト名 ドライバー就職ナビ
URL http://driverjob-navi.net/
業務内容 ドライバー就職・転職支援専用サイト「ドライバー就職ナビ」の運営/小型・中型・トラック・軽貨物などのドライバー求人/運転代行の求人/
運転代行とは?トラックドライバーに転職するメリットドライバーになるなら知っておきたい免許の種類
トラックドライバーに向いている人の特徴ドライバー業界で活躍する女性たち増加するドライバー求人とその理由
転職するなら何歳までが良い?トラックにMT車が多い理由空白期間があると転職に不利?
トラックを運転するときのコツ
Copyright(c) 2014-2018 ドライバー就職ナビ. All Rights Reserved.