トラックのドライバーに未経験で転職する

 

始めてトラックドライバーへの転職を検討する場合、未経験でも大丈夫なのか、すぐに慣れる事はできるのかなど、様々な不安があるかと思います。

実際に転職する前に参考にしていただければ幸いです。

 

慣れるまでは大変なトラックドライバー。

道路

トラックドライバーの基本的な仕事は「荷物を積む」「運転する」「荷物をおろす」のみつの仕事です。
具体的な内容はどういったジャンルの運送をするのかによっても変わります。例えばルート配送とセールスドライバーでは仕事が違いますね。
どの業種のドライバーをするにしても慣れるまでは手順を覚えることと運転とで時間がたつのも早いと思います。
未経験でも何度も仕事をし、熟練していくことで、ドライバーとして成長できれば転職は成功ということになります。

トラックドライバーは人手不足で転職のチャンスあり

若者の車離れや運転手の高年齢化、また平成19年に施行された法令により普通車で運転できる車両の制限が厳しくなったことにより、新規に免許を取得した若年層が配送の仕事に就けないなどの理由により、60%以上の運送業者と荷主が運転手が不足していると感じています。
特に8t以上の車を運転できる人には、転職のチャンスであり求人も多く出ています。
近年、配送の自動車は設備の充実などにより車両の重量が増える傾向にあり、普通車では運転できない範囲の小型トラックも出てきていることが原因です。

未経験の転職で大型自動車免許は必要か

スピードメーター

求人が多く寄せられている運送の仕事は小型~中型のお仕事が多いので最初から大型自動車の運転免許を所持している必要性は薄いです。
大型自動車の免許というのは車両総重量11t以上、最大積載量6.5t以上の自動車を運転できる自動車です。
長距離トラックドライバー等を目指す方は始めての転職から必要性がありますが、小型~中型を主に使用している運送業者への転職をお考えの場合はまずは中型免許の取得をおすすめします。

東京にある当社では小型・中型トラックドライバーや軽貨物、運転代行など、ドライバー関連の求人紹介を行っています。東京や埼玉、栃木茨城といった首都圏はもちろん、広島などの中国地方から福岡などの九州地方まで、幅広く求人を紹介しております。求人に関してご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2014-2018 ドライバー就職ナビ. All Rights Reserved.